-

「学校に通わなくなる」、いわゆる「不登校児」の数が年々増加してきています。 これら「不登校児」が学校に通わなくなる原因としては、第一に「いじめ」、そしてADHDなどの精神障害が原因となり学校に通わなくなる「精神障害」が原因となっているとの調査結果が出ています。 子供達が「不登校児」になる第一の原因「いじめ」については、これを完全に撲滅する事は難しいと言われ現在まで効果的な対策は採られて来ませんでしたが、ここにきてやっと「いじめ」に対して教育委員会や保護者のPTAなどが対応策を提案するなどの動きが出始めています。 「いじめ」を行った子供に対する「登校停止」の措置や、「いじめ」を受けた子供に対するカウンセリングや転校措置などの対応策を現在実施する学校も増えてきました。 そして子供が「不登校児」となる第二の原因の「ADHD」、注意欠陥生涯については、精神科医が学校と協力してADHDの児童に対して治療を行うなどの方法でADHDの症状を緩和させて再び学校に通学出来る様に治療するなどの対策が行われています。

Category

リンク