-

子供の頃、10時と3時はおやつの時間でした。 あの頃は、幼稚園で肝油ドロップ等で栄養補助のような目的もあったと思います。 3時のおやつは自宅で食べていたように記憶しています。 大人になった今でも、10時と3時はおやつの時間と思ってしまいます。 小さい頃からの習慣になってしまっているようです。 10時はお茶を飲みながら、少しお菓子を摘まんだり、フルーツを食べたりが多いです。 15時は会社で「お茶の時間にしましょう」と一服する時間です。 この時間にちょっとしたお茶菓子を食べたり、ヨーグルトを食べたり、フルーツを食べたりします。 頭を使う時には、糖分の補給をすると良いと耳にします。 ちょうどこの時間は昼食と夕食の間で、ちょっと小腹が空く時間でもあります。 また、この「おやつタイム」にのんびりと一息ついて、お喋りに花が咲きます。 会社の仲間とのコミュニケーションを取る大切な時間でもあります。 そして、仕事に関してもメリハリが付いてとても良い習慣だと思います。 間食は、取り過ぎるのはいけないとは思いますが、ほどよくお腹を満たして、仕事の潤滑剤にもなっていると思います。

Category

リンク