-

車の事故に巻き込まれた状態で自分自身が自動車の事故の被害者のケースでも相手方が非を一切受容しないことは多数みられます。76-14-132

例えば、しようとしてではなくちょっと気が抜けて相手の車をぶつけられた場合などに、争いに結果なってしまう危険性がありえます。76-5-132

とは言ってもその場で車のみの「物損」片付けられて時間が経過して体の変調が出てから病院の証拠書類を出すということは後手に回るのは仕方がなくなってしまいます。76-3-132

そうであるなら自動車の事故の過失割合の決定にはどういう判断基準が存在するのでしょうか。76-11-132

きちんと申し上げますと警察が決定するのは核として車の事故の大きな過失があったのはどちらであるかという責任の有無であって過失の割合ではありません。76-19-132

さらに言えば、最終的に決められた過失が認められた人が知らされるケースはないです。76-8-132

過失の割合は事故にあった両者の調整の結果で明確にされ、この事が自動車事故の賠償のベースになる訳です。76-16-132

お互いが自動車任意保険に入っていない場合には、両方が真正面から交渉します。76-12-132

しかしながら、当然の事ながらこういった協議では、短絡的なやり合いになる状況があります。76-20-132

まして、お互いの意見が食い違えば万一の場合、訴訟に入りますが、それは年月と裁判にかかるコスト甚大な損となってしまいます。76-1-132

このため多くの状況で、お互いの当人に付く自動車保険会社、このようにお互いの保険会社にやり取りを委任する方法で、相応しい過失割合を慎重に決めさせます。

そのような際には、自動車の保険会社は以前の車での事故の裁判の判決から決められた基準、判断例などを元に、推計とやり取りによって過失の割合を計算します。

とは言っても、事故のケースでは、遭ったのか原因となってしまったのかによらず真っ先に警察を呼ぶのが絶対です。

その後で自動車保険の会社にやり取りをして以後の調整を一任するのが順序になります。

ちゃんとした順序さえ把握しておけば、両者の建設的でない議論となる事を回避できるに違いないのです。

Category