-

時計には、寿命があります。合宿免許の実態 ネタバレ

時計によって寿命は様々ですが、基本的には数年程度の寿命になっているかと思います。全身脱毛 池袋

その寿命を極力伸ばすことは、やはり大事だと思います。リプロスキン

では、どのようにして時計の寿命を延ばすことができるのでしょうか。コンブチャクレンズ

お手入れです。ディズニー ホテル 安い 2dayチケット付き

日頃用いている腕時計のお手入れをするだけでも、延命をすることができるそうです。

こまめなメンテナンスが、重要というわけなのです。

例えば、水分です。

時計に対しては、多くの場合水分は大敵です。

生活防水タイプの時計やダイバーウォッチ等でしたら問題は無いかもしれませんが、それ以外の時計はもちろん問題があります。

ですので時計に水分が付いた場合には、速やかに拭き取るべきです。

一般的には柔らかい布地などでふき取るのが良いとされています。

水分を拭き取るか拭き取らないかで、寿命は大きく違ってくるそうなのです。

ただしあまり強くふいてしまいますと、今度は時計に対して傷が付く可能性があるのは要注意です。

Category

リンク