-

よくあるはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の情報では、「マイナスになった場面ではナンピンをすることによって全体の平均の買い付け価格を下げることができる」等助言されていますが正直ここには相当の危険があると考えます。離婚する方法

とりあえず、ナンピンの原理に関して記述します。C3シースリー 全身脱毛 口コミ体験談

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。キッズ モデル

ドル買いということで、ドル高に推移するほど黒字が出るわけだが、不幸にして95円までドル安が進んだとします。ソファベッド 安い

そのままの場合維持し続けたとしたら損失が回復するまでには、マイナス分円安に動く必要があります。子役にしたい

みんな、損失は可能な限り早く0にしたいと考えます。ミドリムシナチュラルリッチ

それを解決するため最初にエントリーしたのと同じだけの$(ドル)を、1ドル=95円で売買します。君の名は動画動画

それで、ポジションの平均の単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

2.50円の幅で円安ドル高に向えば損を回復する事ができます。

この流れがナンピンの原理です。

このような、ナンピン買いの原理を聞くと、「その通り」と考えるが、市場は易々と問屋を卸しません。

初めから、1ドル=95円が底だということなど分かりません。

為替相場が強いドル安傾向であれば、1ドル95円では下げ止まることなくより一層円高に進む確率は高くなります。

一例として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても1ドル95円までドル安に向ったら、ナンピン買いを入れた分についても損が生まれてしまいます。

そういう状況では初めに保有したポジションと全部で差損を被ることになる。

それほど、ナンピンは難しいのだ。

それならば、為替が己の筋書きとは反対の方向にみるみる進む場合、どんな方法で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

こういう状態で選べる選択肢は2つしかありません。

最初のひとつはあきらめて損切りをすること。

別の方法としては、今、自分自身が持っているポジションを縮小することで再度為替相場が回復するのをじっと待機する事です。

弱腰の手法だと言う投資家もいるだろう。

けれども、ポジションに損失が生じた時最も危険の少ない方法はこの他にはありません。

言うまでも無く、理論上は、ナンピン買いする手法も効果的です。

だがナンピン買いは自分が損失を披っている場面にもかかわらず、買いポジションを縮小するどころか、買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この対策では、リスクを管理することなど、どこをどうやってもやりようがないと思うべきです。

ナンピンを続けられればいつかは儲けが出るかもしれません。

だけど、それ以前にお金がショートしてしまうだろう。

Category

リンク